(P-037)丸に結び雁がね


家紋の由来:
渡り鳥「雁(かり・がん)」をモチーフとした家紋。
「雁(かり・がん)」とは美しい姿で空を飛び、独特の鳴き声する鳥だそうです。
中国の故事の中で、武将が敵国の捕虜となり幽閉された際に雁(かり)に手紙を結び伝書鳩のように手紙を祖国に届けた事から、「良い知らせを運ぶ」=「縁起が良い」鳥とされてきました。
なお「雁(かり・がん)」をモチーフとしたデザインは多数存在するそうです。

刻印イラスト番号 : P-037

※家紋は膨大な数がある為、データ未作成の家紋もあります。
刻印希望の家紋が無い場合はお問合せ下さい。
無料でデータ作成致します。(後日、当HPにUP)

カテゴリー: イラスト・サイズ別, ダイヤ刃刻印 可能, レーザー刻印 可能, 刻印方法, 刻印用イラスト集, 家紋素材, 記号・紋様別, Mサイズ素材   パーマリンク